紫外線がシミを作る原因とは?

濃いシミができて目立つ
顔中シミだらけで悩んでいる

 

今まで色んなコスメやエステを試したのに、全く効果がなくて悩まれている方も多いといいます。
実は私もその一人。

 

紫外線がシミを作る

おそらく、多くの方が紫外線によってシミができることはご存じだと思います。
ですが、なぜできるのかをご存知でしょうか?

 

実は紫外線がお肌に当たることで、お肌の表皮細胞にエンドセリンという物質が分泌されます。
このエンドセリンが分泌されたものが、表皮細胞の奥にあるメラノサイトにまで届くことで、色々と融合されメラニン色素が生まれます。

 

メラニン色素が生まれると、正常なターンオーバーを阻害してしまい、その部分だけが上手くターンオーバーできずにシミができてしまいます。

 

日焼け止めはとても大事だけど・・・

紫外線を防ぐために日焼け止めを利用すると思います。
ですが、一度できてしまったシミには日焼け止めでは治すことはできません。

 

もちろん、シミの原因は紫外線が大きいので、日焼け止めを利用することはとても大切なことです。

 

ただ、紫外線が原因ではないことも少なくありません。
それが女性ホルモンによる影響です。

 

大体30〜40代の女性に多くみられ、肝斑とも呼ばれます。

 

美白化粧品でメラニンを抑える

美白化粧品が人気なのは、紫外線によってできるメラニン色素を抑えてくれるからです。

 

有名な成分としては

 

・リノール酸
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・ハイドロキノン
・甘草エキス

 

など、他にもいくつかあります。

 

これらにはシミや肝斑に効果が期待できます。

 

本来はシミができる前から使うことがとても大切なので、1年中利用することが望ましいです。
ですが、すでにできてしまったシミを目立たなくさせるには、ターンオーバーを正常に戻してあげる必要があります。

 

それには美白化粧品は欠かせません。
それプラス食事から摂れるたんぱく質です。

 

美白化粧品は先ほども紹介しましたが、メラニン色素を抑えてくれる働きがあります。
これに保湿を加えることで、肌本来の健やかな美肌へと導いてくれます。

 

タンパク質はシミに何の関係があるの?と思われるかもしれませんが、お肌は全て細胞によってできています。
細胞のほとんどはタンパク質からできているので、タンパク質は必要不可欠なんです。
タンパク質をしっかりと摂取することで、乱れたターンオーバーを正常な状態へ戻します。

 

美白化粧品だけではなかなか治らないという方は、是非食事を見直してみてください。
同時に行うことで効率よく行えるので、試してみてくださいね。

 

当サイトで紹介しているホワイトニングリフトケアジェルにも、美白成分が含まれているので、興味がある方は一度お試しください。